΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     ばんえい競馬の帯広開催は11日、昨年デビューした3歳馬の最強馬決定戦となる重賞の第38回イレネー賞(1着賞金200万円)を行い、1番人気のカネサリュウ=牡、村上慎一厩舎、工藤篤騎手、馬主・坂井秀彰さん、生産者は旭川市・坂井牧場=が第2障害を降りた直後に逆転、その後のスピード勝負を制して今季重賞2勝目を飾りました。タイムは2分0秒1(馬場水分5・4%)。2位には最後まで競り合ったシベチャタイガー(三浦孝幸調教師、鈴木勝堤騎手)が1・2秒差で続きました。

    「このレースに向けて調教してきた。初めから勝ちにいくつもりだった」。工藤篤騎手は会心のレース運びで勝負を収め、ゴール直後にそりの上で「やったー」と叫びました。

     1月4日の重賞「ホクレン賞」を制した後、カネサリュウは約2カ月後のイレネー賞を目指して順調に調教。レースは馬場水分5・4%と軽く、速い展開。第2障害に取り付くや否や、隣りのシベチャタイガーが真っ先に仕掛けてひと腰で越え、カネサリュウも一気にひと腰で続きました。そこからカネサリュウはフルアクセル。坂の下りで一気に加速すると、その勢いのままにシベチャタイガーを逆転、互いに一度も止まらないスピード勝負となり、約半馬身のリードを保ったまま勝利しました。

     工藤騎手は「予想通りの展開だった。馬を信じて乗った」とカネサリュウを絶賛。旭川で名馬を生み続ける坂井牧場産で母はカネサウイン。カネサブラック(牡5歳、重賞の旭川記念など今季9勝)、カネサテンリュウ(牡4歳、今季5勝)、その弟のカネサリュウの3兄弟の血筋は正真正銘。

     村上調教師は「気性の難しい馬だったが、昨年の岩見沢開催を終えたころから馬体の成長と同時に性格も安定してきた。気持ちの面でも大丈夫」といい、「素質は十分。大きな賞を狙える馬になります」と次代のばんえい競馬を担う名馬に育てることを誓っていました。

    カネサリュウ表彰
    第2障害を降りた直後にトップに立ったカネサリュウがスピード勝負、工藤篤騎手が気迫の騎乗を見せました

    イレネー賞
    今季重賞2勝目を飾ったカネサリュウ(馬の左が村上慎一調教師、同右が工藤篤騎手)

     今年度引退馬による第26回蛍の光賞が11日、帯広競馬場で行われ、十勝産駒のホクリュウイチ=牡11歳、今井茂雅厩舎、山本正彦騎手、馬主はアサヒ・ホース、生産者は池田町・坂東孝一さん=が真っ先に第2障害を降りて快走して優勝、生涯成績を37勝に伸ばして最後を飾りました。タイムは2分2秒2(馬場水分5.6%)。2位には2.2秒差でツルマキシンザン(同、梨本照夫厩舎、坂本東一騎手)が入りました。

    蛍の光賞
    真っ先に第2障害を降りて快走、優勝したホクリュウイチ(山本正彦騎手)

     
    ばんえい引退馬の表彰式
    2007年3月11日(日)
     ばんえい競馬の引退馬表彰式が11日、帯広競馬場で行わました。熱戦を支え続けてきた名馬たち25頭が、万感を胸に抱いた厩務員に引かれてスタンド前に勢ぞろい。ファンに最後の雄姿を見せました。

     競走馬の定年は牡11歳、牝8歳。2歳でデビューした馬たちは数多くの熱戦を繰り広げ競馬を盛り上げてきました。今回引退したのは、最高峰のばんえい記念史上初の4連覇達成のスーパーペガサス(牡11歳、大友栄人厩舎、155戦42勝、表彰式には欠席)など牡20頭、牝5頭でうち十勝産駒は11頭。午後2時過ぎからの表彰式に向けて各馬はたてがみを結ってもらい、名前の入った馬着をまとって厩務員に引かれてスタンド前に進み出ました。

     表彰式では道市営競馬組合から馬主代表の林千代吉さん(67歳、本別町)に表彰状が手渡され、各馬の関係者が名残惜しそうに記念撮影をしました。プリティブライト(牝8歳、岩本利春厩舎)の馬主の林さんは「素直な馬で、レースに向かうと前に前に行きたがる馬だった。うちの牧場で繁殖馬となる。強い子をたくさん生んでほしい」と期待していました。

    引退式
    引退馬たちがファンの前に最後の雄姿を見せました。世話を続けた厩務員が万感を胸に馬を引きました

    (1)ばんえい競馬ほど面白い興行・競馬はない。そのことを広く知らせたい
    (2)ばんえい競馬を面白くするには、馬券の種類を増やすことに尽きる
    (3)競馬場・場外売り場に来るファンを市場調査して、次の展開を考える

    澤田金治さん
    「ばんえい競馬ほど面白い競馬はない」と語る澤田金治さん


    (1)帯広競馬場のエキサイティングゾーンを絶対に延ばす
    (2)エキサイティングゾーンの地面を簡易舗装して子供、車いすで入りやすいようにする
    (3)第2障害の高さを変える、のり面をつけてコースに変化を持たせる
    (4)調教師・騎手が頑張って楽しい競馬場・面白いレースにする

    服部会長、br /><br />
鈴木部会長、大河原騎手
    「楽しい競馬場・面白いレースにする」と決意を語る(右から)服部会長、
    鈴木部会長、大河原騎手


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 16-20  (全33件中)
    著作権 十勝毎日新聞社