΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     ばんえい競馬は26日で今季の全日程(162日間)を終了、注目のリーディング(シーズン最多勝)が決まりました。リーディングトレーナーは昨年2位だった大友栄人調教師が圧倒的な勝ち数を収めて112勝で悲願の初栄冠に輝き、2位は昨年トップの久田守調教師(91勝)、3位は松井浩文調教師(86勝)でした。

     リーディングジョッキーは最後まで激しいトップ争いの結果、鈴木勝堤騎手が157勝で昨年に続いての栄冠。初のリーディングを狙った藤野俊一騎手は25日に1勝を挙げて追い上げたが2つ差で及ばず155勝で2位。3位には現役最多勝ジョッキーの坂本東一騎手が147勝で続きました。

    大友・アンローズ
    リーディングトレーナーに輝いた大友栄人調教師と今季重賞3勝の史上最強の牝馬・アンローズ

    鈴木勝堤騎手
    リーディングジョッキーに輝いた鈴木勝堤騎手の豪快な騎乗

     ばんえい競馬最高峰の農林水産大臣賞典・地方競馬全国協会会長賞典第39回ばんえい記念が25日午後4時35分から帯広競馬場で行われ、この日に向けて満を持してきた同レース初挑戦のトモエパワー(牡7歳、松井浩文調教師、坂本東一騎手、馬主は函館市の酒井兼益さん、生産者は帯広市の三井宏悦さん)が攻めの姿勢で一気に先行、2位以下に約40秒の大差をつける4分50秒6で重馬場戦を制し、新時代に輝く名馬が頂点に立ちました。松井調教師、現役最多勝の坂本騎手はともに悲願の初制覇。三井さんの生産馬は5年連続7度目の快挙。激しい2位争いはシンエイキンカイ(牡10歳、久田守調教師、大河原和雄騎手)がミサイルテンリュウ(牡8歳、槻舘重人調教師、鈴木恵介騎手)を約4秒差でかわしました。競馬場は3418人の大群衆で埋まり、歓声が地鳴りのようにとどろきました。

    トモエパワーは松井調教師が2歳の能力検定のときから自ら乗ってきました。生産者の三井宏悦さんが「じっくりと育ててくれた」と評価する育て方。「2〜3歳の時は、派手な勝負はさせなかった。去年から力がついて、息が入る重いレースで遅い勝負になると、この馬は強さを発揮するようになった」(松井調教師)と、最高峰のばんえい記念に照準を合わせる作戦に本腰を入れました。

     現役最多の名手・坂本東一騎手との最強コンビ。この日の帯広競馬場は昨夜の雨も上がり晴天。馬場水分は急速に低下して4・4%。重馬場は、まさにトモエパワーの独壇場。「第1障害までは体力を使わない。先行していく。『焦るな、焦るな』と調教師のテレパシーが飛んだ」(坂本騎手)と作戦通りの展開でヤマ場の第2障害下に真っ先に到着、ほかが着くや否や、真っ先に坂に挑みました。2腰目に前脚を折ったが、果敢に攻め続けてついに11腰目でクリア、後続を置いて坂を駆け下りました。

     「そこで転倒させることも多いから」とベテランの坂本は後ろを振り向いて確認しながらひと息。ゴール直前にも5回目の休みを入れる慎重さとともに、馬のリズムと速さを絶妙にコントロールして圧勝、そりの上で笑顔が弾けました。「本当に強気のレースだった。第2障害で(左隣の)ミサイルテンリュウより常に先に出ているのを見て、ひと安心した」と松井調教師は騎手の腕を絶賛しました。

     ばんえい記念は昨年までスーパーペガサスが史上初の4連覇を達成。その後を継ぐ7歳のトモエパワーには新時代のばんえいを勝ち続ける期待が懸かります。「これで頂点をつかんだ。守っていくのは大変だ。スーパーペガサスに追い付き、何としてもそこまでいきたい」と42歳の若き調教師は力強く決意を語りました。

     騎乗を終えてソリを降りた坂本東一騎手(53)は「これがすべての目標だった。(うれしさは)もう言葉にならないって」と、ほっとした表情。1975年の初騎乗以来32年間の騎手生活。現役最多の2600勝騎手(今回の勝利で2605勝目)だが、ばんえい記念はなかなか勝てず、14回目の挑戦で得た栄冠です。

     表彰式後の記者会見で坂本は「トモエパワーの練習量から言って自信があった。大観衆の歓声が聞こえた。このレースを1回取ってから(ソリを)降りたいと思っていた」と心中を披露。そして会見の中ではついに『次の目標は3000勝』の言葉は出ませんでした。「迷っているんですよ。このまま騎手を続けて(自分が勝つと)中堅・若手の騎手の生活がどうなるか。(新生ばんえい競馬は報償費削減で)みな苦しい。自分は調教師を目指して引退し、後進の指導に回るべきなのか」。

     坂本は騎手の中でも最もファンに優しい人柄で知られています。そりの上で軽やかに舞うような騎乗姿は「東一ジャンプ」と愛されています。青森県つがる市(旧木造町)出身の、まろやかな津軽弁がにじむ口調で、優勝の喜びの中にも苦悩を正直に語る坂本の姿に、ばんえい競馬の厳しい実情がうかがえました。

    ばんえい記念走り
    第2障害も攻め続けたトモエパワーが真っ先に降りて独走、会心のレース展開の中でゴールを目指す坂本東一騎手。右後方は2位に入ったシンエイキンカイ(大河原和雄騎手)

    記念写真「
    悲願の初制覇を遂げたトモエパワー(馬の左から松井浩文調教師、砂川敏文市長、坂本東一騎手)

    坂本ゴール後
    この日のために全てを捧げ、遂に14回目の挑戦で栄冠を手にした坂本東一騎手が、騎乗を終えて満足そうな顔を見せました

    坂本ポーズ
    記者会見後、花束を手に最高の笑顔を見せる坂本東一騎手

    大観衆
    帯広競馬場のスタンドを埋めた3418人の大観衆

     ばんえい競馬の年間最大のイベント「ばんえい記念」(3月25日)を前に、厩務員らが主催する初の「ばんえい記念前夜祭・家族で楽しむファン感謝祭」が24日午後5時45分から、とかちプラザで開かれました。ファン300人が集まり、手作りの心温まるイベントを満喫しました。

     ばんえい競馬を存続させる有志の会(御堂克之会長代行)が主催。司会進行はFM・JAGAの栗谷昌宏さんと御堂さんが務め、十勝馬唄披露と十勝の馬の売り買いの様子を現した寸劇、映画「人馬一体〜ミサイルテンリュウ 砂地の頂へ」(早大川口芸術学校の島野貴之さんの作品)上映などに続いて帯広在住の小説家・鳴海章さん、北海学園大の古林英一教授、芽室在住の作家・旋丸巴さんが、ばんえい記念の勝ち馬を予想しました。

     注目の予想では、旋丸さんが「こんな簡単なばんえい記念はない。枠複5ー8です。皆さん、お金をあるだけ、奥さんを質に入れて注ぎ込みましょう」。古林教授は「過去9年間のばんえい記念のデータをじっくり調べた。馬単は9−8、8−9、単勝は9、大穴は3」、鳴海さんは「天候を見ると、これから夜に雨、あすは午後から晴れ、本番のころには夕日がさし、さてレースはミサイルテンリュウが先行するが届かない、そこにシンエイキンカイ、そしてミサイルが来た。ただしわたしの小説の主人公がどうなったか、みんな(馬券を外して)丸裸ですね」と名調子を披露。
     続いて藤本俊一騎手サイン入りの昨年度優勝馬写真などが当たる抽選会も。最
    高に楽しいイベントでした。

    前夜祭寸劇
    ばん馬の歴史を楽しい寸劇で披露、登場人物がリアルでした

    前夜祭・予想
    三者三様に予想を披露した(左から)旋丸さん、古林さん、鳴海さん

     
    リッキーが見事に引退レース
    2007年3月24日(土)
     4月から帯広市の「嘱託職員」となる十勝産駒のリッキー号(セン9歳、服部義幸調教師、佐藤希世子騎手、馬主・松田勲さん、生産者は足寄町の佐々木七郎さん)は24日午後5時から帯広競馬場で引退レースに臨み、ダントツの最後尾で27連敗。ファンの大声援を受けながら障害をあきらめずに上り切り、競走馬の最終ゴールを切りました。

     最後のレースを見ようとレース前のパドックを数百人のファンが囲み、勝ち馬投票では何と3番人気。レースでは640キロのそりを引きながらゆっくり進み、第2障害でただ1頭残されたが「リッキー、頑張れ!」の大声援を受けて何とか上り、首位から約1分47秒遅れの4分27秒6でゴールしました。

     佐藤騎手は「ピョコタン、ピョコタンしながらも上がってくれた。本当にまじめな馬。大好きです」。世話を続けてきた諏訪俊治厩務員は「調教が足りなかったが、最後までよくやってくれた」。服部調教師は「ご苦労さま。これからもっと大変だろうが頑張ってほしい」と新生ばんえい競馬の広告塔としての活躍に期待していました。リッキー号の生涯成績は139戦6勝、獲得賞金297万4000円。4月2日正午から帯広市役所で市職員の“辞令交付式”に臨む予定です。

    走り
    ファンの大声援を受けて最後尾でゴールに向かう、まじめなリッキー

    パドック
    諏訪俊治厩務員が最後のレース前にパドックでリッキーと

    パレード
    スタートに向かうリッキーと佐藤希世子騎手

    レース後
    ゴールしたリッキーをいたわる佐藤希世子騎手

    騎手・厩務員と
    最後のレースを終えてほっとしたリッキー、佐藤希世子騎手、諏訪俊治厩務員

     ばんえい競馬など全国11地方競馬の勝馬投票券(馬券)の販売・レース動画配信などをインターネットの「オッズパーク」
    http://www.oddspark.com/)で行っているソフトバンク子会社のオッズ・パーク(本社・東京、藤井宏明社長)と、インターネット専業銀行最大手のイーバンク銀行(同、松尾泰一社長)は20日までに、同銀行が馬券の購入・払い戻しなど決済サービスに参入することで合意しました。同行の口座保有者は4月11日から利用を始められます。

     「オッズパーク」は昨年4月にオープン。地方競馬の馬券購入をネット上で手軽に行えることで人気を集め、これまで北洋銀行、北海道銀行など13行が決済サービスを提供してきました。イーバンク銀行は、ネット専業銀行最大の194万口座(今年2月末現在)を持ち、JRA(日本中央競馬会)、南関東4競馬場をはじめ全国の競艇・オートレース・競輪との連携を進めてきましたが、これにばんえい競馬も加わり、「馬券の売り上げ増が大いに期待できる」(オッズ・パーク社)と話しています。

     同行の口座保有者は、ネット上の簡単な手続きでオッズパーク会員に登録、投票口座への資金移動・馬券購入などができるようになります。

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全33件中)
    著作権 十勝毎日新聞社