΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     実力馬のスーパーロイヤル(牡5歳)が遂に重賞初制覇を遂げました。1月の銀河賞では優勝と思われましたが、ほんのわずかの差で差されて惜しくも2位。今回は完勝、独走Vでした。

     藤本匠騎手は騎乗後、満面の笑みでスーパーロイヤルをなでて「頑張ったな」。馬主の大野清二さんは、ばんえい馬主会の会長さんです。「大野会長の大事な馬ですから、重賞初勝利をプレゼントできてうれしいです」と藤本騎手。

     皆川公二調教師は「自分は騎手時代に、ばんえい記念(最高峰のレースです)で勝った。調教師になって、この馬で、ばんえい記念で勝つことを目指しています」と力を込めていました。来年以降のばんえい記念で、きっと勝利に絡む強豪馬ですね。ばんえい最強馬になることを期待します。

    ポプラ賞走り
    藤本騎手の声を受けて気合十分に快走、優勝を遂げたスーパーロイヤル

    ポプラ賞笑顔
    重賞初制覇を遂げて藤本騎手が馬をなでて「頑張ったな」

    ポプラ賞表彰
    うれしい表彰を受けたスーパーロイヤル(馬の右が皆川調教師)

     ばんえい競馬の花といえば、女性騎手の佐藤希世子騎手と竹ケ原茉耶騎手。これに女性調教師の谷あゆみさん、女性ファンの代表らも加わって、バレンタインのチョコまきが11日、帯広競馬場のスタンド前で盛大に行われました。

     ばんえい調騎会が購入した2万円分のチョコが段ボール5箱分。チョコをまくとどうなるか、心配の声もよそに、競馬場に集まった子供たちは大量のチョコを手にして大喜びでした。

     ばんえい関係者は、やることが派手でいいねえ。最高でした。

    チョコまき
    馬車の上から豪快にチョコをまく佐藤騎手、竹ケ原騎手ら
    (左から)

     ばんえいグランプリ、岩見沢記念、北見記念の重賞3勝を挙げ、岩見沢記念では牝馬による初の同一重賞3連覇を達成したアンローズ(8歳)が、地方競馬で活躍した人馬に贈られる「NARグランプリ2006」(地方競馬全国協会主催)で最優秀馬に選ばれました。

     この歴史的名牝を生んだ生産者・三井宏悦さん、育てた大友栄人調教師、勝利を遂げた藤本匠騎手はいずれも帯広在住。帯広競馬場ではアンローズと3人のヒーローに祝福の声が上がっています。

    ばんえいエキサイティングゾーン
    最強牝馬のアンローズは藤本匠騎手の名騎乗で快走

    ばんえいエキサイティングゾーン
    帯広在住の3人の受賞、おめでとう!右から大友調教師、生産者の三井さん、藤本騎手

     帯広市議会のばんえい競馬調査特別委員会が2月7日に開かれ、帯広市は、レースを間近に見られる「エキサイティングゾーン」を拡大する方針を明らかにしました。

     ばん馬と一緒に走りながら観戦できる同ゾーンは、調教師・騎手でつくる調騎会が提案、金属パイプをみんなで組み立てて、手作りしたものです。現在はスタート・ゴール近くまで行けませんが、これが拡大されれば、200メートル、走りながら観戦できますね。楽しみです。

     競馬場の建物の禁煙・分煙も進めるそうです。キッズルームも充実・拡大されたらうれしいですね。みんなの知恵と力を持ち寄って、みんなで楽しめる競馬場にしていきましょう。

    ばんえいエキサイティングゾーン
    ばんえいエキサイティングゾーン

    ばんえい競馬で子供たちに一番人気のある馬は、リッキー号(牡・9歳、服部義幸きゅう舎)。

     競馬場では馬車を引いて子供たちを乗せ、最近では帯広市内の保育所を訪ねて馬車を引いて、背中にチビっ子たちを乗せたり。1月の「帯広氷まつり」では子供・大人との綱引きでも活躍した。ばんえい競馬の広告塔だ。  でもれっきとした現役競走馬。1997年に足寄町・佐々木七郎牧場に生まれ、2歳で初出走。これまで138戦6勝の成績だが、昨年1月4日に勝って以来、約1年1カ月間、勝ち星に恵まれず26連敗中。「まるで北のハルウララだ」と関係者は語る。 

    ばんえいのPR活動での疲れもあるのか。「レース前には疲れを取って勝ちを狙うのですが、性格が優しくて勝てない」と服部調教師。若いころにはやんちゃな馬だったが、調教を重ねると性格のいい、大人しい馬になったという。このためPR活動には向いているが、どうも勝負となると…。
     
    服部調教師は「引退してイベント専門にすることも考えたが、引退まであと2年の間に、何とか1つでも勝たせたい」と意気込む。 リッキー号の顔は本当に優しい。一生懸命、ばんえいのPR活動で働いて、そしてレースへ挑む姿は心を打つ。乗せてもらった子供たちは、ぜひお母さん、お父さんと一緒に帯広競馬場に行って、応援してほしい。次の出走は、早ければ2月10日―12日の開催期間。

    優しい顔をしているリッキー
    優しい顔をしているリッキー


    リッキーは佐藤希世子騎手とも仲良し、左は服部義幸調教師
    リッキーは佐藤希世子騎手とも仲良し、左は服部義幸調教師

    リッキーは帯広の保育所に出掛けては子供たちを乗せて馬車を引くー
    リッキーは帯広の保育所に出掛けては子供たちを乗せて馬車を引くー

    帯広氷まつりでは綱引きをした
    帯広氷まつりでは綱引きをした

    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全19件中)
    著作権 十勝毎日新聞社