΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2007年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     アイドルのグラビア写真の大家でばんえい競馬に魅せられた写真家の山岸伸さん(57)が、通算34回目のばんえい競馬撮影で10月12日から14日までの日程で帯広競馬場を訪れました。


     初の撮影ツアー「山岸伸と一緒に撮る、北海道遺産・ばんえい競馬撮影ツアー」(写真雑誌CAPA編集部主催、オリンパスイメージングなど協力)も実施、東京などからのカメラ愛好家15人とともに14日は夜明け前から競馬場で調教の模様をカメラに収めました。秋を迎えて気温0度と冷え込み、ばん馬がさらに絵になる季節になりました。

    (十勝毎日新聞・塩原真撮影、ほかは横田光俊撮影)



     午前4時半、暗やみに包まれた競馬場に一行が到着。馬インフルエンザ対策で消毒を済ませ、調教用馬場に着きました。暗い中、ずり引きを始めた馬の姿がかすかに見えます。「今日は晴れる。帯広の空はてコントラストが強いですよ」と山岸さんはツアー参加者に撮影の注意点を伝えました。
     山岸さん自身初となるツアー。「競馬場にいるのが楽しい。朝3時に起きても苦にならない。この場所で皆さんに写真を撮ってもらいたくて」。調教の間にひと休みする馬がツアー一行のすぐ側で休み、全身から湯気が立ち上がりました。


     未明の本コース脇の坂では、レース本番間近な馬が騎手、調教師の手で最後の追い込み。ツアーから離れて単独で撮影に来た山岸さんを見て、走行中のソリの上から河原和雄騎手が「お早う。いいもの(写真)とるには時間は関係ないんだな」と声を掛けました。「大河原さんはいつも声を掛けてくれて、その言葉が詩のように聞こえる」と山岸さん。坂のすぐ脇で馬がけり上げる砂を浴びながら山岸さんは名シーンを撮り続けました。





    「さあ帰ろうか」と山岸さん

    ※取材した横田光俊記者コメント=ツアーから離れて単独で撮影に向かう山岸氏についていきました。ソリの上から騎手・調教師・厩務員さんから「お早うございます」と声を掛けられる山岸さん。現場に通い続けた回数の多さが、良く分かります。見習わなくては。



     皆川調教師が見せてくれました!この日はテレビ(北海道文化放送・UHB)が同厩舎の特集取材で収録中。まさにその日の重賞クインカップに3頭を出し、そのうち3番人気のセンコウラブリイ(入澤和也騎手)が真っ先に第2障害を降り、続いて降りた10番人気のヒメカワキタ(藤本匠騎手)がゴール10メートル前で逆転勝利。1・2フィニッシュでした。馬単は1万7710円の万馬券。


     ※ヒメカワキタ(左、藤本匠騎手)がゴール手前でセンコウラブリイ(入澤和也騎手)を差す

     皆川調教師は「気分いい、最高です。ヒメカワキタは道中は強いが登坂力はない。いつも厩舎で並んで暮らしているセンコウラブリイにつられて登ったのだろう。藤本騎手がよく乗ってくれた」。馬主の榧木(かやき)慶矩さんは「こんなにうれしいことない」と大喜び。



     ヒメカワキタを担当する佐久間一夫厩務員は「重いソリを引かせて力をつけてきた」と、丹念に育て上げた成果が、勝負の場で生きました。


     テン乗りで今季重賞初勝利の藤本騎手は「騎乗前に調教師から『勝負の場面ではイチかバチか行ってくれ』と言われていた」といい、パドックでも気合十分でした。


     同騎手は「テン乗り(いつも乗っている入澤騎手がセンコウラブリイ騎乗のため)だったが調教では乗っていてクセは分かっていた。シーズンに1つは重賞を勝ちたい。1つ勝ててホッとしました」と笑顔でした。

     ※取材した横田光俊記者コメント=クインカップ前、パドックの後ろにはこのサイトでも紹介した皆川師の派手なばんえいPR馬運車。テレビの取材を受ける皆川師の前で、見事に1・2フィニッシュ。こんな劇的なことはめったにありません。テレビは10月11日(木)夕方のUHB(北海道内)で放送。楽しみです。



     車いすで生活する障がい児の伊藤宙(そら)君=10歳、音更小学校4年生=が7日の第7レース・個人協賛の「7th OPEN GATE盃」で表彰式のプレゼンテーターを、騎手たちの介助で立派に務めました。


     勝利馬ライズドラゴンの岡田定一調教師に「おめでとうございます」と賞金を渡し、あいさつではマイクに向かって「頑張ってください」。スタンドから大きな拍手が送られました。
     
     「OPEN GATE盃」は東京在住のファン・山内めぐみさんがばんえい競馬応援のオリジナルフレーム切手を制作、インターネットのサイト(http://www.go−opengate.com/)で呼び掛け、切手を購入した全国のファンでレースに個人協賛を続けています。今回で7回目。

     宙君は障害者乗馬「RDAちくだい」の活動に参加して5年目。上手に馬に乗れるようになってきました。馬が大好きで、6月にもほかの障がい者とプレゼンテーターを務めましたが、今回は全国からの協賛者5人の代役として、1人でやることを頼まれました。

     表彰式前は「緊張する」と言っていた宙君。大役を終えて「上出来だった」。レースで忙しい鈴木勝堤、安部憲二、大口泰史、西謙一の各騎手が介助に駆け付け、馬との口取り写真では宙君を車いすごと抱え上げて笑顔で撮影。




     表彰式後は、服部義幸ばんえい調騎会会長が「よくできたね」と褒め上げ、ご褒美にリッキー号の馬車の御者席に乗って、場内を散策しました。


    ※取材した横田光俊記者コメント=宙君は、いつも楽しい言葉で人を笑わせるすごい子供です。彼が競馬場に来ると、明るい笑いが巻き起こります。騎手・調教師の皆さんが宙君が来ると介助に駆け付けてくれることが、とてもうれしいです。ばんえい競馬は、人の優しさがすばらしい。
     

    1   

    表示件数 1-3  (全3件中)
    著作権 十勝毎日新聞社